受給事例

腎疾患・肝疾患

2020.09.24

生体腎移植後急性腎不全での受給例

相談者 男性(50代) 傷病名 生体腎移植後急性腎不全
受給した年金 障害厚生年金(2級) 年金受給額 130万円

状況

20年以上前に慢性腎不全となり、腎臓移植を行った。その後しばらくは通常の生活を送っていたが、再度腎不全を発症し、透析治療となる。


サポート内容

初診日が20年以上前となるため、当時の記録がほとんど残っていない状況でしたが、2番目の病院での記録や、手術記録などを取り寄せ、書類の整備を行いました。


結果

障害厚生年金2級として約130万円の受給決定となりました。

2020.07.01

多発性嚢胞腎での受給例

相談者 女性(50代) 傷病名 常染色体優性多発性嚢胞腎
受給した年金 障害厚生年金(2級) 年金受給額 132万円

状況

多発性嚢胞腎との診断を受け、血液検査等を受けながら就労していたが、症状悪化し、透析治療開始となった。


サポート内容

医師への診断書依頼時に治療歴などを別紙に記載し添付し、書類整備をスムーズに行うことができました。


結果

障害厚生年金(2級)として、132万円の受給決定となりました。

2018.04.19

高血圧性慢性腎不全での受給例

相談者 男性(40代) 傷病名 高血圧性慢性腎不全
受給した年金 障害厚生年金(2級) 年金受給額 180万円

症状

日頃より血圧が高く、通院、投薬治療を行うが改善せず。

症状悪化のため、人工透析を開始。


請求結果

障害厚生年金2級の認定を受け、年金額約180万円の受給が決定。

 

北京都障害年金サポートセンターが選ばれる3つの理由

初回相談料無料・障害年金受給決定の場合に報酬を頂く「成果報酬」

障害をお持ちの場合は、労働に制限があったり、病院に支払う医療費などにより、経済的な不安をお持ちの方も多くいらっしゃいます。そのような方の場合でも、安心してご依頼頂けるように、当センターでは初回相談料無料、障害年金受給決定の場合に報酬を頂く「成果報酬」とさせて頂いています。

相談者側の立場に立った対応

障害年金の請求には相談者様の状況確認が不可欠です。当センターでは相談者様もしくはご家族の方等にお話を聞かせて頂き、また、こちらからのご説明を分かりやすくお伝えすることを心掛けています。

ご要望に応じて出張相談

遠方にお住まいの方や、お身体の状態により当センターへの来所が困難な方に対しましては、ご要望に応じて出張相談での対応も致します。

傷病別の受給事例

北京都障害年金
サポートセンター

運営:A(エース)社会保険労務士法人

お問い合わせ 0773-78-2488

舞鶴事務所
京都府舞鶴市伊佐津474-3
TEL.0773-75-2067 / FAX.0773-77-1762
受付時間 9:00〜17:00
休日:土曜日、日曜祝祭日
丹後事務所
京都府与謝郡与謝野町字弓木1714
TEL.0772-46-3029 / FAX.0772-46-5016
受付時間 9:00〜17:00
休日:土曜日、日曜祝祭日